命を救う

ハートを救え

ハート、つまり心臓。この臓器が危機に瀕したとき、人の命は危機に瀕することになります。AEDは、心臓の危機から人を救い出すことが出来る物です。その安からぬ価格は、決してムダではないのです。

» 詳細を確認する

AEDの使い方

使い方を知らなければ、AEDの値札に書かれた価格がムダなものになってしまいます。そんなに難しいものではありませんが、とっさの場合には気が動転しがちですから、基本を抑えましょう。

» 詳細を確認する

心臓と電気

心停止という危機から人を救う、それがAEDの価格に込められた意味であると言えるでしょう。電気ショックを与えられると、停まってしまった心臓が再び動き出すことがあるからです。

» 詳細を確認する

心停止の1分1秒

心停止は、1分1秒を争うと言われています。それだけ、心臓が送り出している血液というのは多くの役割を負っているのです。AEDの負った使命はそれだけ大きいものなのです。

» 詳細を確認する

子供を救え

お子様ランチや子供服など、子供用のものは世の中に多々あります。大人と子供では体のサイズが違うからです。AEDも、それは同じ。子供を救うためのAEDの使い方が存在しています。

» 詳細を確認する

家庭用の機器

心停止で亡くなる人の、実に半数近くは家で亡くなっていると言われています。冷蔵庫や電子レンジ同様、家庭に必須の機器として、AEDの価格表を調べてみたほうが良いかもしれません。

» 詳細を確認する

付属品について

AEDには、本体に付属している部品、消耗品がいくつかあります。消耗品ですから、買い替えが必要になるような物もあります。使用時期と価格表を確認し、対応していきましょう。

» 詳細を確認する

レンタルで賄う

購入するだけでなく、レンタルすることによってAEDを用意することが出来ます。購入価格とレンタル価格、サービスの違いを比較して、どっちのほうがいいかを考えて選びましょう。

» 詳細を確認する

救命のコスト

人が、人の命を救うこと。AEDは、そのことを可能にするための救命機器のひとつで、現在ではさまざまなところで設置されているのを見ることが出来ます。
実際、AEDの設置を義務付けられているようなところもあります。
なぜ、さまざまな救命機器がある中でAEDがこんなにも注目されているのか?その理由は、この機器の扱いやすさにあります。
誰もが使える救命機器として、AEDは存在しています。

そういうわけで、この機器を導入するための価格を知ること、基本的な使い方を知ることが必要です。
一口に価格と言っても、購入価格やレンタル価格といったふうに、どのようにして導入するかによっても変わってくるのです。

オススメリンク